2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
定休日

  山形県朝日町の農業組合法人うまいくだもの園は、朝日連峰や白鷹山地に囲まれた自然資源に恵まれた土地にあり、日本三大急流「最上川」の両岸に広がる河岸段丘でさくらんぼや桃、りんごを栽培しています。

奈良崎代表は、果樹栽培を始める時に朝日町町長と「農業モデルになること」「学んだ知識を多くの人に教えること」を約束したそうです。最近は、農業生産者に向けた勉強会での講演や、ファームステイの受け入れなどを行い、後継者育成にも努めています。
  また「うちの仕事は女性が中心になれない仕事だから(笑)」と奥様と娘さんのために、加工品を販売できるお店「オレンジの屋根」を2014年4月に開店しました。
  「最上川をセーヌ川にみたてたカフェなんだよ(笑)奥さんが売れると元気になるんだ。」とお話されていました。

お店ではスタッフみんなで開発した加工品と、奥様と娘さん手作りのワッフルやケーキなどをお召し上がりいただけます。プロの菓子職人さんには知識はかなわないけれど、「果物本来の味を残したお菓子」を作れるのは生産者である自分たちだけだからと「果物の味を知っているからできる商品」だけを販売しています。

仕事で行き来するサラリーマンの方や、観光で訪れた方々が休憩がてら立ち寄って買ってくださり、後日「もっと買えばよかった〜!!」と電話で注文をくださる人気のワッフルは「もっと買えばよかったワッフル」とわかり易くしたそうです(笑)。旬の果物や、加工品が並んでいる「オレンジの屋根」へ是非足を運んでみてください。


農事組合法人うまいくだもの園
〒990-14 山形県西村山郡朝日町大字大滝30 TEL0237-67-7254 FAX0237-67-7257
オレンジの屋根 営業時間:午前10時〜午後6時(月曜定休) 

人気のワッフルとアップルパイ 収穫したばかりの果物も販売しています 6月はさくらんぼも収穫されます
6月の果樹園は桃の香りでいっぱいです 8月になると桃らしく色づき始めます たわわに実った桃に「おどろき」ます

くだものには品種ごとに旬がある。 その旬を外したらやっぱり果物は美味しくない。

だから旬を逃さず美味しい果物を食べてほしい。

「樹上熟成」のまるかじりりんごは、奈良崎代表イチオシのうまいくだもの園の人気商品です。

こうとく

2圈9玉前後
2,790円(税込)

ふじ

2圈‘誕臚箪─8玉前後
2,600円(税込)

ふじ

5圈_板輙兮臂混合
2,000円(税込)

西洋梨ラフランス
特大2圈6玉前後
2,400円(税込)

西洋梨ラフランス

大2圈8玉前後
1,650円(税込)

和梨南水
特大2圈6玉前後
1,650円(税込)

まどか 8月中旬

おどろき 8月下旬

美晴白桃  9月上中旬

大玉で甘く硬めのジューシーな桃です。中生種としての代表格で、 晩生種のような豪快な硬さ、緻密な甘さが特徴です。
桃好きなお客様に人気商品です。
サクサクと桃を食べたいのはくだもの好きにとっては当然のこと、ようやくその希望に応える桃を探し当てました。
甘さをおさえた風味豊かな桃。食感に驚きます(笑)
晩成種としての美晴白桃は、しっかり豊かな甘みと風味を備えています。
硬い桃の王様は誰が何と言おうともこれでしょう。

川中島 9月上旬

さくら 9月下旬

光月 10 月上中旬
月上旬に収穫します。色、味、大きさともに抜群です。御贈答、ご家庭でのお召し上がりもこの桃をお薦めします。 川中島、夕空の晩生種も終わりこの時期には珍しい無袋で育成しても力強い紅色になります。
9月下旬になると桃を食べられるのもあと少し。 この時期には欠かせない最高の一品になりました。
無袋で育てたものをお届けしています。普通は袋をかけて黄色地でお月様のような桃として出荷されていますがうまいくだもの園では無袋で育てています。桃の最後を飾る本当の最晩生種で黄色地に淡い紅色が染まります。
マンゴーのような風味になり日持ち性があるのでゆっくり召し上がれます。じっくりと味わってお召し上がりください。
バラード 10月下旬 ラ・フランス  10月中旬

こうとく 10月中旬〜

山形園芸試験場で育種された新品種です。
高貴な風味も備えているので、ラ・フランスを越える人気商品です。ラ・フランスに劣りません。
バートレットの交配種で、 食べ頃になると黄色に色付き判りやすく、それに大玉で、甘さは抜群です。
食べ頃は11月初旬から。
1864年フランスで発見され、明治36年に日本に導入されました。近年、もてはやされていますが、歴史がある果物です。
うっとりとしてしまう香り、とろける甘味は、くだものの頂点「 魅惑の女王」としかいいようがありません。
食べ頃は11月初旬から。
小さいの にたっぷりの蜜が入り、味は濃厚、そしてずっしりとしまった大玉がもてはやされる中での、うまいくだもの園味のこだわりの「小玉の新品種」です。
“おいしいりんごを1個丸かじりしたい”という思いを実現しました。虜になる人が後を絶たず、いくらあっても足りません。
青林 10月下旬〜11月 王林 11月上旬〜 ふじ 11月中旬〜
日当たりのする部分に淡い紅色でさりげなく着色する黄緑色の偏円形のりんごです。 11月初旬にお届けします。
甘くてさわやかな味わいと気持ちを和ませるやさしい香気をもつ一度食べるとファンになってしまうこだわり新品種です。
淡い黄緑色の青りんご。
独特の芳香を放ちメルヘンの世界が広がります。目を閉じて頬ずりしたくなる甘さ、夢りんご。
うまいくだもの園では樹上完熟で収穫します。3割ほど自然に熟して落下し始めてからの収穫です。市場の王林とは別物です。
紅に染まらずひとりだけ黄緑色の実なのに、花はだれにも負けず艶やかに紅化粧して咲きほこります。

樹姿は天を仰いで、おおらかに気高く身を広げます。
その果実は大自然の恵みを一身に受けて、果形、硬さ、色、味どれをとっても最高です。香り高く祝福の蜜をたたえて心を和ませます。お歳暮贈答の主要品種です。

お歳を召した方ならなつかしいと思いますが、国光の硬く日持ちのする良さと、デリシャスの大きく気品のある芳香と甘さの両者の長所を残さず受け継ぎ、それ以上に育った親まさりの今世紀最高のりんごです。

ページトップへ